世界を股に掛けたスポーツ外交

こんにちは。

深見東州先生に関する新聞記事のお知らせです♪

今回は、以前より好評だった、スポーツニッポン(以降、略称スポニチ)の「アカスリ半田劇場」の続編「続・アカスリ半田劇場」からの記事です。

さっそくですが、記事の冒頭の文章を少し引用してみましょう。



半田氏の活動は幅広い。ISPS会長としてだけでなく、NPO法人世界開発協力機構(WSD)総裁としても、精力的に動いている。その働きは、まさに「スポーツ外交官」そのものだ。
(スポニチ全国版8月20日(水)より)



この記事の中の"半田氏"というのは、もちろん深見先生のことなのですが、記事は深見先生のご活躍を大いに高く評価した内容となっています。

まず、タイトルが【世界を股に掛けたスポーツ外交】!

スポーツ新聞でありながら、スポーツニュースをはじめとする他の紙面や見出しが色あせてしまうほどの大々的な表現力に富んだ見出しです。それでも、実際の深見先生の御活動を鑑みると、決して誇張表現ではないでしょう。

特に、「スポーツ外交官」という表現には、既成概念の枠を超えた独自性と、深見先生の超越的なパーソナリティを感じさせます。

また、深見先生とクリントン元米大統領のお二方が並んだ写真も掲載されてあります。
(写真は後方をご覧ください。)

クリントン氏とのエピソードについては、今回の記事では次のように紹介されてあります。
以下、同記事からの引用です。


WSDとしては、「世界オピニオンリーダーズ サミット」を開催。元米大統領のビル・クリントン氏が来場し、半田総裁と対談した。
(スポニチ全国版8月20日(水)より)

image.jpeg
2014年08月22日

概要

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-2-20 井上ビル10号館4F 403号室

03-5925-2398

アクセス

★本ブログの著作権は、関東エンゼル会にあります。


★関東エンゼル会は、ワールドメイトとは別個独立した団体です。ワールドメイトの神と教義を信奉し、ワールドメイトの活動に参加するボランティア団体です。


※本ブログの内容は著作権法で保護されていますので、内容の一部もしくは全部を、関東エンゼル会に無断で転用したり複製することを禁じます。